中尊寺(本堂)

『おがみまなぶ』その42

1.名称

中尊寺(ちゅうそんじ)
山号:関山(かんざん)

HP: 関山中尊寺のホームページ


2.参拝記録

参拝日:2018年10月20日


01

01.JPG

岩手県の南部に位置する、中尊寺。
今回は東北本線の平泉駅から歩いて、向かいました。
奥州街道を歩くこと20分弱でしょうか、「←中尊寺」という標識が見えてきました。
その標識の近くにあるのが、「武蔵坊辨慶の墓」の石碑。

02

02.JPG

弁慶の石碑を過ぎると、奥州街道から左手に進む道があります。
その先に、「関山中尊寺」の石碑。


03

03.JPG

その先はしばらく、杉の大木がならぶ月見坂(つきみざか)が続きます。
場所によっては、けっこうな勾配があります。


04

04.JPG

多くのお堂を擁する、中尊寺。
月見坂のエリアにも、お堂が建てられています。
最初のお立ち寄りは、こちらの「八幡堂」。


05

05.JPG

源義経とゆかりのあった、中尊寺。
先ほどのお墓とともに、「弁慶堂」と呼ばれるお堂もあります。


06

06.JPG

弁慶の伝説を聞いているからでしょうか、豪快な造りに感じられました。


07

07.JPG

標高130mの丘の上に建てられている、中尊寺の建造物群。
「東物見」からはこのような風景が見渡せます。


08

08.JPG

月見坂を先へと進むと、「地蔵堂」。


09

09.JPG

さらには「薬師堂」。


10

10.JPG

そして「観音堂」と、月見坂の左右に、お堂が並びます。


11

11.JPG

「金色堂」で有名な中尊寺ですが、金色堂とは別に、「本堂」があります。
こちらがその、本堂の山門。


12

12.JPG

山門に入って内側から撮影したのが、次の写真。
山門と鐘楼が並んでいるのが、わかるかとおもいます。


13

13.JPG

本堂(写真01)をお参りした後は、こちらの寺務所で、御朱印を拝受。


14

15.JPG


15

16.jpg

ここまでが、中尊寺「本堂」への道のり。
「金色堂」は記事を分けて、紹介します。


3.お寺に関する情報

1)場所
住所: 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
交通:JR東北本線平泉駅からバスまたは徒歩
地図;


2)宗派・御本尊
宗派: 天台宗
御本尊: 釈迦如来

3)文化財
>>ウィキペディアから引用>>>
〇重要文化財(国指定)
中尊寺金色堂
金色堂堂内諸像及び天蓋
金色堂堂内具
紺紙金字一切経
螺鈿八角須弥壇
紺紙著色金光明最勝王経金字宝塔曼荼羅図
中尊寺経蔵堂内具
孔雀文磬
<<<<<<<<<<<<<<<<

4)歴史
中尊寺(金色堂)の記事に記載


こちらに掲載した情報は、当ブログ管理人が参拝した当時のものであり、内容が変更となっている場合があります。

詳しくは、関連するHP等でご確認ください。


この記事へのコメント